読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こんくそブログ

少しだけ人生を無駄づかいしたくなったら。

小学生の頃の夢が叶った

仕事で生放送のラジオ番組に出演した。急用が入ってしまった社長に代役を頼まれたのだ。

ラジオ局に出向いて、ブースに入っての生出演。あっという間だった。もっと緊張するかと思ったけれど、パーソナリティの方が気さくに話しかけてくれたおかげで、意外と落ち着いて話すことができた。それともうひとつ、僕は小学生の頃、「ラジオのアナウンサー」になりたかったから、そっちのワクワクの方が大きかった、というのもある。

小学生時代、うちはテレビ禁止だったので、もっぱらラジオを聞いていた。じいちゃんのお古でもらったソニーのラジオで(FMアンテナがとれててAMしか聞けないんだ)、地元局のラジオ番組を好んで聞いていた。当時にしてみたら珍しかったゴールデンタイムの2時間番組。ハガキを投稿したり、友達とイベントに出かけてみたり、電話で出演したこともあった(今考えたら、なんて恐れ知らずなのだろう)。こういう番組をやる仕事をしたいな、と思った小学生は当然(DJとかパーソナリティとか言わない時代だったから)アナウンサーに憧れた。

目つきも歯並びも悪い僕にとって、テレビは顔が出て恥ずかしいし、自分だってそんな顔はテレビで見たくない。だから、テレビじゃなくてラジオのアナウンサーになりたかった。けれどある時、出かけた先で流れていたテレビで、馴染みのアナウンサーがニュースを読んでいる姿を見つけてしまった。

「ラジオだけじゃなくてテレビにも出ないといけないんだ…!」と勘違いしてから、僕にとってアナウンサーはすっかり敷居の高い職業になってしまった(ラジオ局だけの会社に入るという知恵が働かないあたり小学生というか自分らしいというか)。

その後は特別なりたい職業もないまま、中学高校大学へ。思えば「将来なりたいもの」を持っていたのはこの時期が最後だったように思う。

社長に「代わりに出てくれないか」と頼まれるまで、当時の夢などすっかり忘れていた。ひょんなことで子どもの頃の夢を少しだけ叶えることができたので、当時の僕に少し自慢するつもりで書きました。

 

SONY FM/AMポータブルラジオ ICF-801

SONY FM/AMポータブルラジオ ICF-801