読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こんくそブログ

少しだけ人生を無駄づかいしたくなったら。

しまじろうに騙されて前後逆にオムツをはかせていた

息子のオムツは、パンパースを使っている。普通のオムツタイプに加え、6か月に入ったころから、パンツタイプも使うようになった。

パンツタイプは左右の脇を破って脱がすので、オムツ式ようにマジックテープがついていない。かわりに、中央にビニールのテープがついていて、それで汚れたオムツを丸めて留めるようになっている。

これがものすごく使いづらい。妻は「オムツ替えのとき暴れるからパンツの方が楽」というけれど、テープが逆についているので後処理が面倒なのだ。前後逆ならちょうどいいのに、何を考えてこんな風にしたのか理解に苦しむ。夫婦でそんなことを話していたんだけど、僕らが前後逆に穿かせていたのだとつい昨日知った。この5カ間、ずっとパンツを前後逆にはかせていたんだ。後輩だけど先輩ママになったかつての同僚に、妻が教えてもらったんだってさ。

でも、待って。これはパンパースが悪いと思う。

普通のオムツ式は、お尻側にしまじろうの絵が入っている。前側には黄色いライン(オシッコで青くなる)が入ってる。

パンツ式の正しい向きは股間にしまじろう、尻に黄色いラインなんだ。

いやいやそんなの知らないって。同じメーカーのオムツだもん、パンツ式もしまじろうの絵がある方がお尻だと思うじゃん。パッケージを見るとすごく小さい字でテープがついてる方が後ろだと書いてあった、とは妻の弁。どうしてこういうことをするの?

ひょっとして、しまじろうを露出するためなの?普通のオムツはハイハイしかできない子に使うからお尻にあって、パンツは立てる子に使うから前面に押し出してるわけ?どんだけ出たがりなのしまじろう。

先日のニコンの件といいしまじろうといい、ユーザーフレンドリーって何だろうね?と声を大にして言いたい。

と同時に、立て続けに自分が存外に間抜けであることを思い知らされて、少々ショックを受けている。前後逆ならいいのにと言いつつ、これもしかして前後逆なんじゃね?と微塵も疑わなかったあたり。これも寄る年波っていうやつだろうか。

 

誰のためのデザイン? 増補・改訂版 ―認知科学者のデザイン原論

誰のためのデザイン? 増補・改訂版 ―認知科学者のデザイン原論