読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こんくそブログ

少しだけ人生を無駄づかいしたくなったら。

「642文章練習帳」が届いたら恋がしたくなった

「642文章練習帳」という本をラジオで高橋源一郎さんが紹介していて、勢いで買った。後悔はちょっとしかしてない。

ちょっと、というのはつまり「642題も書くのが大変」っていう。

1_昨日のおみくじには何が書いてあった?ついていない1日でした。

というような、頭をひねらないといけないお題が書いてあって、余白に書き込めるようになっていて、それが642題もあるのだ。

分厚い。かわりに字が小さくてコンパクト。書き込めるようになってはいるが、使い勝手は悪そうだ。

持ち歩いて、ちょっと時間ができたら適当にめくり、出てきたお題にどう答えるかを考える、そんな使い方がよさそう。スマホでゲームをやるよりは、想像&妄想力を鍛えられていいかもね。文章を書くのが好きな人にプレゼントしたら喜ばれそう(ただし「練習帳」というタイトルについては気を遣わなければならないかも)。

僕は文章を書くことが苦手で、大嫌いだった。

書いては消し、書いては消しを繰り返す。文章の順番を入れ替える。だーっと書いてから削る。削りすぎて元に戻す。「いい文章」を目指そうとしてぐちゃぐちゃいじり倒すので、なかなか終わらない。

読書感想文なんて苦しいだけ。卒論は見よう見まねで何とか切り抜けた(誓って言うがコピペじゃないよ)。小論文の試験は時間が足りな過ぎて、最後は読めないほどぐちゃぐちゃな走り書き。簡単なメールを書いていたはずが、30分経過していて唖然とする。

それが、遠距離恋愛をきっかけに変わった。相手との会話はもっぱらメールが主だったので、誤解されない言い回しや、自分の気持ちを伝える一番的確な表現を必死に探したし、相手の文章から気持ちを読み取ろうと一生懸命だった。どちらも上手にできていたとは思えないし、書くのが苦手なことに変わりない。でも、少なくとも嫌いではなくなって、書くことに喜びを覚えるようになった。

だから、転職して時間に少しだけゆとりができた今、こうしてブログなど書いているのです。

好きな子には苦手なことでもがんばっちゃうあたり、恋愛ってすごい。ああ、もう一度恋がしたくなってきたよ。次は……そうね、プログラマーな女の子か、英語ペラペラの女の子か、為替取引とかでサクサク稼いじゃう女の子がいいな。 

642文章練習帳: TINY THINGS TO WRITE ABOUT (マルチメディア)

642文章練習帳: TINY THINGS TO WRITE ABOUT (マルチメディア)